賃貸の教科書

賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

建設業許可のメリット・デメリットとは?知事許可と大臣許可違いや取得方法など徹底検証!







 |  賃貸のお役立ち

建設業許可には知事許可と大臣許可があります。

この違いは単純に営業所によるものです。

全国で工事を行うから、大臣許可が必要という方いますが、

知事許可でも全国工事を行うことができます。

そもそも大臣許可が必要なのか?よく確認する必要があり、

大臣許可を取得する条件などがあって容易ではありません。

知事許可に比べて、お金や時間といったコストもかかります。

そこで

  • ・大臣許可はどのような場合に必要か
  • ・大臣許可のメリット・デメリット

こちらの2点について詳しく見ていきましょう。

 

大臣許可はどのような場合に必要か

建設業許可は、国土交通大臣許可と都道府県知事許可に分かれる。

違いを詳しく見ていこう。

 

営業所が複数の都道府県に設置されている場合に必要

重要なポイントは【営業所】と【複数の都道府県】となります。

 

営業所

建設業の営業を行う本店や支店、事務所のことです。

建設業の営業とは、いろいろありますが

建設工事に関わる見積りや入札

契約締結、金銭の受理支払などの業務を行っていれば

そこは営業所となります。

反対に資材置場や事務連絡所などは営業所にはなりません。

 

複数の都道府県に設置とは

複数の営業所があるからといって

所在地が一つの県におさまる場合は知事許可となります。

 

 

 

 

大臣許可のメリット・デメリット

大臣許可と知事許可の判断は営業所によるのみでしたが、

実際に大臣許可になるといくつかのメリット、デメリットがあるがご紹介して

いこう。

 

大臣許可のメリット

1.事業規模が拡大できる

東京都のみに営業所がある会社が関西や九州に受注するために

その地域に営業所があった方が良いでしょう。

 

2.社会的信頼が高まる

大臣許可は知事許可の上級許可ではありませんが、

多くの方が思っていることは事実です。

取引先や金融機関からも印象が良くなる可能性があります。

 

大臣許可のデメリット

1.費用がかかる

かかる費用としては、国に収める登録免許税として15万円がかかり、

行政書士に依頼する際は10万円かかります。

知事許可は9万のみです。

 

2.取得に時間がかかる

申請から取得まで3カ月の審査期間がかかります。

知事許可なら1カ月なので、2カ月の大きなロスがかかります。

 

まとめ

多くの会社が知事許可となり、大臣許可についての

情報はあまりまとまっていないので、

このページをよく確認してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事のカテゴリ

  • 賃貸のお役立ち
  • この記事のタグ

  • 建設業許可のメリット・デメリットとは?知事許可と大臣許可違いや取得方法など徹底検証!

    賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

    © 賃貸の教科書 All Rights Reserved.

    MENU

    CLOSE