賃貸の教科書

賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

新しいマンションに住みたいけど初期費用はどのくらいかかるの?







 |  賃貸のお役立ち

初期費用はだいたいどのくらいかかるものなの?
知らないと損する不動産業者の真実とは?

敷金・礼金が0円!物件は本当にいいの?

初期費用が抑えられると家計的には優しいですよね。

ですが知らないと損をすることもあります。

初期費用にかかる主な費用とは?

これから順番に勉強していきましょう。

 

 

敷金とは?

1.家屋・部屋を借りる人が持主に預けておく保証金。

2.取引の保証のため預ける証拠金。

 

って言われてもなかなかピンときませんね。

簡単に言うと、家賃などの債務の担保として預けておく、保証金のようなお金。

なんかの理由で家賃が支払えない時に、補填するお金と思ってください。

あと退去される際に住んでいたところの原状回復(内装工事、リフォーム)の際に

修理負担分として敷金が賄われたりします。

残金があれば戻ってくるお金ですが、気を付けていただきたいのが、

おタバコを吸ってる方や壁に画びょうを指してポスターを

張られている方は敷金以上の金額になり多額の原状回復費用になることも

あるので注意が必要です。

 

礼金とは?

謝礼として出す金銭。

 

昔からの慣習の一つで、

部屋を貸してくれる大家さんにお礼の気持ちとしてお支払いする金額です。

こちらは敷金とは違い、払ったら返ってこないと思ってください。

謝礼金ですからね。

 

入居月の日割り家賃

こちらは入居される日によって大きく金額は変わりますが、

要は1日引っ越すのか、15日に引っ越すのか、によって

金額が変わります。

入居日から月末までの月の家賃を日数で割った費用です。

例として80000円の家賃の物件だとして、

1日に引っ越すと80000円がかかります。

(次月分家賃を来月まで待ってくれるところもあります)

15日に引っ越すと80000円の15日分なので、

80000円÷30日=2666円(一日分家賃)

2666円×15日=39990円がかかります。

 

どちらがお得か不動産によってさまざまですので、聞いてみるといいですよ。

 

翌月家賃

4月入居だったら、5月分の家賃を払うことです。

家賃の一カ月分。

フリーレントといって一カ月家賃が無料になる物件もあるので、

調べてみるといいです。

 

仲介手数料

不動産会社に仲介としてお部屋を探してくれた際の支払う金額。

家賃の0.5カ月分~1カ月分が相場です。

 

鍵交換費用

こちらは他の記事にも書いてますが、

費用は2万~3万

玄関の鍵交換一式の費用。

交換しない場合は無料。

賃貸の教科書より

火災保険料

二年間で2万~3万

火災保険の加入に必要な費用。

 

スーモジャーナルより

 

保証会社加入費用

家賃の0.5か月~1カ月分

もしものときの保証。連帯保証人を必要としない代わりに保証会社への

加入が条件になることがあります。

 

 

総賃料の50%、75%など図面などに記載はされていますが、

わからない方に簡単に説明します。

80000円の物件だと

80000×50%=40000円

80000×75%=60000円 となります。

 

消毒費

1.5~2万円

消毒費害虫駆除など、入居前におこなう部屋の消毒にかかる費用。

 

クリーニング費用

退去時のクリーニング代を契約時に徴収することもあります。

敷金がかからない物件にはクリーニング代費用としてかかることが多いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初期費用だけでこんなにかかると思っていなかった。。。

など幻滅した方のいたのではないでしょうか。

しかし交渉次第で少しでも安く探せそうな物件や

探し方のコツをつかめるかもしれませんね。

少しでもお役に立てたら幸いです。

 

この記事のカテゴリ

  • 賃貸のお役立ち
  • この記事のタグ

  • 新しいマンションに住みたいけど初期費用はどのくらいかかるの?

    賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

    © 賃貸の教科書 All Rights Reserved.

    MENU

    CLOSE