賃貸の教科書

賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

賃貸物件の仮押さえはできるのか?意味や抑えられる期間、費用、マナーについて徹底検証♪







 |  賃貸のお役立ち

物件の仮押さえって?

不動産業界の方はよく耳にすると思うが、

仮押さえってそもそもどういうことか?

費用は抑えている期間はかかるのか?一般的なマナーはいったい?

を踏まえてまとめてみましたので、どうぞ。

 

仮押さえ=入居申し込みと理解していい。

内見して良い物件があるが費用が少し高い・・・。

どうしようかな。不動産の営業の方はいい人だし、ここで決めていいのかな。

などやはりこれから何年も住むお部屋は悩んで当然です。

しかし悩んでいる時間には他のお客様が物件をスマホでみて

内見せずに申し込みたいです。というお客様がいたら

あなたの悩んでいた時間に他のお客様の先客が入り、もうあなたの物件では

なくなるのです。

ここでよい判断をするのが、いわゆる【仮押さえ】だ。

仮押さえは正確に言えば制度はない。

しかし仮押さえしておけば申し込み同等なので

他にお客様が割り込んでくることがなくなる。

これが仮押さえ状態といえる。

 

物件によっては仮押さえしたら必要な費用がかかる?

入居申し込み書提出の際に、不動産によっては申し込み金が必要な場合がある。

申し込み金について

東京都都市設備のサイトを引用します。

 

東京都住宅政策本部 ホームページより

 

要は申込金はキャンセルされる場合は返金されて

成立した場合には敷金や礼金に充当される。念のため不動産会社へ聞いてみよう。

 

加えて、

申込金を払う場合は【預かり証】をもらおう。

会社印や日付、金額に間違いないか。手付金とは意味合いが違ってきて

返金されないので、注意が必要。

 

申し込み後のキャンセルは可能?

答えは可能。多くの方が申し込みしたら

キャンセルできないのでは・・。など間違っていることが多い。

しかし根本的にキャンセルできないのでは・・。と考えている時点で

お客様がそこに住み続けられないと思う。

なぜならいい物件があったらそのようなことを考えないからだ。

話はずれたが、要は重要事項説明を受けると契約の意思があるものとみなされる。

 

重要事項とは

 

キャンセルのタイミングとしては

重要事項説明を行う前か後かで変わってくる。

 

仮押さえができる期間とは?

入居申し込みから入居審査が行われる間の2日~1週間程度。

人により審査期間は前後する。お客様からこのくらい仮押さえてほしい

などはできない。

 

仮押さえによるマナー

複数の業者に仮押さえるのは行為違反ということは知っているだろうか。

要は申込みということは、申込期間はいったん

物件を公開取りやめにしているわけで、契約が成立するまで便宜を図っている場合が

多い。

キャンセルされてしまうと不動産会社や大家さんに

大ダメージを受けてしまう。安易な申し込みはよそう。

キャンセルした物件の大家さんがキャンセルした物件一体を

所有していたら、どうか?話さなくてもわかるだろうが、その場合

審査自体厳しくなるのだ。なので注意が必要です。

 

仮押さえという言葉に騙されないこと

整理しておこう。

・賃貸物件では【仮押さえ=入居申し込み】予約はない。

・仮押さえ期間は入居審査通過期間までの2日~1週間

・かかる費用は目安で賃料1カ月分

・キャンセルの際は重要事項説明の前

 

先ほども話したが複数の業者に申し込みを行うことはマナー違反であるこは

意識しておこう。

賃貸物件の仮押さえはできるのか?意味や抑えられる期間、費用、マナーについて徹底検証♪

賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

© 賃貸の教科書 All Rights Reserved.

MENU

CLOSE