賃貸の教科書

賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

『DENのある間取り』や『Sのある間取り』はいったい何?『S』とか『DEN』の違いは?







 |  賃貸の基礎知識

物件探しをしているときに見る募集図面や間取りに書かれている『S』とか『DEN』ってどういう意味かご存知ですか?

これはそれぞれの場所の説明を略語として記載しているものです。

高級マンションにはDENが使われていたり、Sは?

それぞれの意味をまとめてみました。

『S』って何?

『S』の意味

『S』とはサービスルームの略になります。

サービスルームとは納戸の事をいいます。

建築基準法で採光や換気基準を満たさず、居室として認められない部屋を

サービスルーム、納戸と呼びます。

 

 

 

『S』の使用用途

・書斎やクローゼット

・通気性・明るさを気にしなければ、一つの居室としても利用できます。

『DEN』(デン)って何?

『DEN』の意味

『DEN』とは書斎など趣味を楽しむ部屋の事をいいます。

もともとは巣・洞穴を意味する英語から取られた言葉といわれています。

「フリー素材 間取り」の画像検索結果

 

『DEN』の定義

これといって明確な基準がありません。

建築基準法で居室と認定されないスペースや

部屋と呼ぶには狭い空間を『DEN』として用いることが多いです。

『DEN』の使用用途

・書斎

・パソコンルーム

・アトリエ

・趣味を楽しむための小部屋

・子供の遊び場

・リビングスペースのサブスペース 等

 

「サービスルーム」の画像検索結果

『S』と『DEN』の違い

『DEN』には広さや形等の基準が定められていないため、『S』との区別はありません。

どちらも建築基準法で居室として採光・換気基準が達していないスペースの事をいいますので、そのスペースのある場所などで表記を変えて使っています。

その為『DEN』と表記されていても、到底書斎として使用することが出来ないスペースもあります。

まとめ

『S』『DEN』といった表記がある間取りを見たら、そのスペースは居室に満たないスペースと考えて頂ければ良いです。

『S』や『DEN』があれば、荷物置場や客間などで利用すると非常に便利です。

 

 

 

この記事のカテゴリ

  • 賃貸の基礎知識
  • この記事のタグ

  • 『DENのある間取り』や『Sのある間取り』はいったい何?『S』とか『DEN』の違いは?

    賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

    © 賃貸の教科書 All Rights Reserved.

    MENU

    CLOSE