賃貸の教科書

賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

お部屋探しと就職はどちらが先?







 |  賃貸の基礎知識

地方から上京する際に、お部屋と仕事はどちらを先に決めるといいのでしょう。

それは仕事を決めてからお部屋を探すほうが、圧倒的に決まりやすいです。

仕事が決まっていないと収入証明がだせない

お部屋を決める際に必ずある入居審査。

就職している人の場合は、源泉徴収票や給与明細で収入を証明できますが、

仕事が決まっていない(安定した収入がない)人に家主さんはお部屋を貸してくれません。

安定した収入がない人=家賃を支払っていけないと判断されてしまうからです。

入社前であっても、内定が決まっていれば内定通知書(採用通知書)といった書面を会社は発行してくれます。

これを基に入居審査を行うことが出来ます。

それでもすぐに転居をしないといけない時は

とはいっても、人によってはすぐに引越しをしないといけない方もいらっしゃるかと思います。

そんな人は引越し出来ないのか?というとそうでもありません。

家主さんによっては預貯金の残高次第では了承を頂ける家主さんもいらっしゃいます。

この場合は通帳のコピーが収入証明の代わりに必要になってきます。

親に名義を借りて契約をする方法もあります。

この場合は親が現役で働いていて、親以外に連帯保証人を立てることが出来る場合に成立します。

しかし、実家が賃貸の場合だと実家の家賃及び契約しようとしているお部屋の家賃の両方を支払っていけるだけの収入が必要となりますので、通常より審査基準が高くなってしまうことがあります。

 

上記の理由からまずは仕事を決めてからお部屋を探す方が圧倒的に決めやすくなります。

会社の面接で上京した時にお部屋の内見をしておく等、探し方次第では実際にお部屋を内見することも可能です。

是非参考にしてみてください。

この記事のカテゴリ

  • 賃貸の基礎知識
  • この記事のタグ

  • お部屋探しと就職はどちらが先?

    賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

    © 賃貸の教科書 All Rights Reserved.

    MENU

    CLOSE