賃貸の教科書

賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

賃貸借契約書と重要事項説明書の違いをわかりやすく解説|賃貸の教科書

賃貸借契約書と重要事項説明書の違いをわかりやすく解説







 |  賃貸の基礎知識

申し込みをして審査がOKとなり、いざ契約!

そのときに目にする「賃貸借契約書」と「重要事項説明書」。

はじめての一人暮らしだと同じような情報が並んでいたり、難しい言葉がたくさん書いてあるのでわかり辛いですよね。

契約における2種類の書類ですが、トラブルが起こらないように、きちんと内容を確認しておく必要があります。

それぞれがどのような書類なのか、記載されている内容を整理してみましょう。

 

賃貸契約書と重要事項説明書の役割

審査がOKになり、契約日にはじめて目にするのが「賃貸借契約書」と「重要事項説明書」です。

どちらも同じような情報や、難しい言葉で並んでいるのできちんと読まず署名・捺印をしてしまいがちですが、それはとても危険です。

「賃貸借契約書」と「重要事項説明書」には、これから住むお部屋の大切な約束事や守るべきルールが記載されていますので、内容をしっかり把握したうえで契約を交わしましょう。

契約の内容や疑問点があった場合は、その場ですぐに宅建士の方に確認しておくことがとても大切です。

 

賃貸借契約書と重要事項説明書の違いは?

重要事項説明書とは?

こちらでもお話させていただきました通り、重要事項の説明は宅地建物取引業法で義務付けられているもので、賃料や使用における条件など、契約に関して重要な事項を口頭で借主に説明を行うためのものです。

重要事項説明書は不動産会社が契約書をもとに作成することになります。

また、重要事項説明書の記名・押印、口頭での説明は必ず宅地建物取引士が行わなければなりません。

契約書をもとに作成しますので似た内容になりますが、借主に内容をより理解してもらうのが重要事項説明書の大きな役割となります。

重要事項説明書は借主と貸主の契約を仲介する不動産会社が2部発行し、契約前に不動産会社と借主の記名・押印後、双方で保管することとなっています。

ここでポイントとなってくるのが前文にある”契約前に”です。

”契約前に”ということは、これから契約する借主と貸主の物件はお部屋のこの条件やこの設備、この賃料で間違いありませんね?と約束するために借主と不動産会社が結ぶのを重要事項説明書といいます。

簡単に言うと、重要事項説明書はあくまでも不動産会社と借主との約束事となります。

それに借主が納得すれば、次は契約書という流れになります。

 

賃貸借契約書とは?

上記にあるように重要事項説明書が不動産と借主の約束事ならば、契約書は借主と貸主の約束事になります。

賃貸借契約の内容は、不動産会社や貸主、物件によってそれぞれ異なります。

「聞いた話と違う」、「不動産が提示した条件と違う」など、入居してからのトラブルを失くすために貸主と借主のあいだで交わされる大切な書類が賃貸借契約書です。

賃貸借契約書の項目には、管理会社の情報や貸主の情報、借主・入居者の情報が書かれているほかに、契約の期間についてや賃料・共益費のこと、毎月の家賃の支払い方法などが書かれています。

申し込みや審査結果の連絡のときには70,000円と聞いていたのに、いざ契約になると80,000円になっていたら困りますよね?

事前に聞いていた内容と違いがないかどうかきちんと確認しましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上が「賃貸借契約書」と「重要事項説明書」の違いになります。

どちらも重要な書類になりますので、署名・捺印をする前にもう一度よく内容を確認し、理解したうえで署名・捺印をしましょう。

賃貸借契約書についてはまた別の記事で書きたいと思います。

この記事のカテゴリ

  • 賃貸の基礎知識
  • この記事のタグ

  • 賃貸借契約書と重要事項説明書の違いをわかりやすく解説

    賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

    © 賃貸の教科書 All Rights Reserved.

    MENU

    CLOSE