賃貸の教科書

賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

上京してお部屋探しするときに無職でも賃貸の審査は通るのか?賃貸の教科書

上京してお部屋探しするときに無職でも賃貸の審査は通るのか?







 |  賃貸のお役立ち

大学や専門学校への進学や就職のための上京の方はたくさんいると思います。

今回は「よし、上京して夢を叶えるぞ!」とか「地元がつまんないから上京しよう。」という方に向けて”上京してお部屋探しするときに無職でもお部屋は借りられるのか?審査は通るのか?”についてお話させていただきたいと思います。

 

1. 無職でも賃貸は借りられるのか?

結論から言えば無職の方でも賃貸物件を借りることは可能です。

これにはさまざまな条件があり、すべての賃貸不動産に当てはまるわけではなく、管理会社やオーナーにより変わってくるのが現状です。

借り手市場でたくさんお部屋が空いてるから大丈夫だろうではお部屋を借りることはできません。

管理会社やオーナーからすれば、入居後すぐ滞納されたら大きな問題です。

オーナーの大切な資産である賃貸物件を借りる上で最も大切ものは何か?

それは信用です。

信用とはなんなのか?これは仕事をしているか、ちゃんとした収入があるか、入居後に滞納することがなく家賃を払っていくことができるのかということがポイントとなってきます。

そのため申込書の記入欄には必ず勤務先を記入する欄があるのです。

けど、「無職だから書けないよ…」という方はどうすればいいのか?

 

1-1 別の名義で契約する

1番多いパターンです。

入居者が学生や無職の場合、別の方の名義で契約する場合が多いです。

この別の名義というのは友人や知人ではなく、親や兄弟(姉妹)など基本的には3親等以内に限ります。

通常の契約では、契約者/入居者で1名・連帯保証人で1名の計2名が必要となりますが、別名義の場合は、契約者で1名・入居者で1名・連帯保証人で1名の計3名が必要となります。

通常 学生や無職
契約者 本人
入居者 本人
連帯保証人 上記以外の身内

別名義で借りる場合の3人目がいないという方は、次の保証会社などを利用する手段もあります。

 

1-2 保証会社を利用する

保証会社も基本的には有職者を対象としますので、上記の場合ですと別名義で借りる場合のパターンの3人目の部分なら可能です。

そもそも親や兄弟が名義を貸してくれないという場合は、保証会社の中には無職でもOKという会社もあります。

そうなると契約者&入居者で本人1名、連帯保証人は保証会社で契約が成立します。

ただ保証会社を利用した場合は、緊急連絡先に1名が必要になります。これは連帯保証人とは違い支払い能力の有無は関係ありません。

親や兄弟がなってくれない場合は、友人や知人でも可能な保証会社もありますので、そこは不動産に確認しましょう。

 

1-3 貯蓄額で借りる

現状無職でも管理会社やオーナーによっては、貯蓄額の提示により借りることが出来ます。

その貯蓄額とはどれくらいの金額があればいいのか?

目安としては、賃料や共益費の総額×24ヶ月分(2年分)が目安となってきます。

 

物件の総額 貯蓄額の目安
4万円の物件 96万円
6万円の物件 144万円
8万円の物件 192万円
10万円の物件 240万円

となりますので、4万円の物件でも貯蓄額の目安が約100万円ほどになります。

この貯蓄額を提示するだけなのか、それとも一括で支払わないといけないのかは管理会社やオーナーにより変わってきますので忘れず確認しましょう。

一括で支払うことでその後の生活が苦しくなっては元も子もありません。

貯蓄額の提示だけで借りられる物件はわずかですので、インターネットなどで気になった物件があればお問い合わせの際に貯蓄額で借りることができる物件かを聞いてみましょう。

 

1-4 マンスリーやウィークリーで契約する

マンスリーマンションやウィークリーマンションのほとんどは無職の方でも契約することが可能です。

感覚としては電気・ガス・水道代の掛かるビジネスホテルに泊まる感覚です。

ということはやはり割高になってきます。

一般的な賃貸 マンスリー
1ケ月 6万円 9万円
24ヶ月 144万円 216万円
差額 +72万円

相場6万円の物件の場合、24ヶ月(2年)で約70万円もマンスリーやウィークリーの方が高くなります。

70万円あれば、家具・家電を購入してもかなりのお釣りがきます。

審査や契約などわずらわしいことはありませんがどうしても費用が掛かってしまいます。

よほどのお金持ちや、毎週・毎月お部屋を変えたいという方以外はおすすめできません。

 

1-5 シェアハウスやゲストハウスを利用する

シェアハウスやゲストハウスはマンスリーやウィークリーに対してそこまで費用は掛かりません。

審査もそこまで厳しくもありませんし、人とキッチンやお風呂・トイレを共同で使うことに抵抗がなければおすすめです。

夜はみんなで集まってリビングで談笑したり、休日はみんなで畑仕事を楽しんだりできます。

1つだけ欠点を上げるとしたら、数が少ないということです。

日本ではまだ浸透していないため、地域を絞ってしまうと圧倒的に数が少なくなってしまいます。

住みたいなと思う地域にシェアハウスやゲストハウスがある場合は見学してみてもいいかもしれませんね。

 

ココに注意!

不動産会社の中にはアリバイ会社をすすめてくる会社も多数存在します。

審査や契約においてアリバイ会社がバレるリスクは非常に高いですし、それよりもあなた自身の信用を失います。

アリバイ会社を利用したことがバレたときも不動産会社は何も責任を取ってくれません。

たかが賃貸の審査ぐらいで・・・思っても世界は以外と狭いんです。

 

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

今回は”上京してお部屋探しするときに無職でも審査は通るのか?”をお話しさせていただきました。

ポイントとしましては、

①3親等以内の別名義で借りる

②保証会社を利用する

③貯蓄額を提示して借りる

です。

シェアハウスやゲストハウスの興味がある方は探してみるのもいいかもしれませんね。

この記事のカテゴリ

  • 賃貸のお役立ち
  • この記事のタグ

  • 上京してお部屋探しするときに無職でも賃貸の審査は通るのか?

    賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

    © 賃貸の教科書 All Rights Reserved.

    MENU

    CLOSE