賃貸の教科書

賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

生活保護費の支給額(受給額)は1ヶ月いくらの金額がもらえるのか?賃貸の教科書

生活保護費の支給額(受給額)は1ヶ月いくらの金額がもらえるのか?







 |  賃貸のお役立ち

生活保護を受給している方の1ヶ月の支給額はいくらくらい貰っているのか気になりますよね?

今回は「生活保護費の支給額は1ヶ月いくらの金額がもらえるのか?」についてお話させていただきます。

これからお住まいの地域にて生活保護を受給されようと思っている方は是非ご参考ください。

それでは支給額というのはどういった経緯で決まってくるのか?

 

受給する地域

まず生活保護を受給する地域の基準により金額が変わってきます。

生活保護には級地区分というものがあり、1級地-1から3級地-2までの6つの級に区分されます。

各地域の区分の確認はコチラからご確認ください。

 

生活扶助費

生活扶助費とは衣食その他日常生活の需要を満たす為の費用のことです。

この生活扶助費には、第一類、第二類、加算額の3種類があります。

 

2-1. 第一類

受給する世帯の個人に支払われる支給額のことです。

食費などの費用で年齢によって異なってきます。

 第一類 基準額
年齢 1級地1 1級地2 2級地1 2級地2 3級地1 3級地2
0~2歳 26,660円 25,520円 24,100円 23,540円 22,490円 21,550円
3~5歳 29,970円 28,690円 27,090円 26,470円 25,290円 24,220円
6~11歳 34,390円 32,920円 31,090円 30,360円 29,010円 27,790円
12~19歳 39,170円 37,500円 35,410円 34,580円 33,040円 31,650円
20~40歳 38,430円 39,580円 34,740円 33,980円 32,420円 31,060円
41~59歳 39,360円 37,520円 35,570円 34,740円 33,210円 31,810円
60~69歳 37,150円 35,480円 35,230円 34,420円 32,890円 31,510円
70歳以上 33,830円 32,380円 30,580円 29,870円 28,540円 27,340円

なお、世帯が複数人の場合は、世帯全員の第一類の合計額に逓減率(てんげんりつ)を掛け合わせた金額が支給額となります。

なぜ逓減率を掛け合わせるかというますと、生活保護を受給する世帯の人数が多いと合わせた合計額が、支給額としては多すぎる金額になってしまうのを調整するためです。

人数 逓減率
1人 1
2人 0.8850
3人 0.8850
4人 0.7675
5人 0.7140

 

2-2. 第二類

生活保護を受給する世帯全員に支払われる金額です。

光熱費などの費用で世帯人数により変わってきます。

世帯人数 1級地-1 1級地-2 2級地-1 2級地-2 3級地-1 3級地-2
1人 40,800円 39,050円 69,880円 36,030円 34,420円 32,970円
2人 50,180円 48,030円 45,360円 44,310円 42,340円 40,550円
3人 59,170円 56,630円 53,480円 52,230円 49,920円 47,810円
4人 61,620円 58,970円 55,690円 54,390円 51,970円 49,780円
5人 65,690円 62,880円 59,370円 57,990円 55,420円 53,090円
6人 69,360円 66,390円 62,700円 61,240円 58,520円 56,050円
7人 72,220円 69,130円 65,280円 63,760円 60,930円 58,350円
8人 75,080円 71,870円 67,850円 66,280円 63,330円 60,670円
9人 77,940円 74,590円 70,440円 68,800円 65,740円 62,970円

 

2-3. 加算額

母子加算

 母子加算 1級地 2級地 3級地
児童1人 22,790円 21,200円 19,620円
児童2人 24,590円 22,890円 22,890円
それ以上 +920円 +850円 +780円

 

障害加算

障害の程度 1級地 2級地 3級地
障害年金1級相当 26,310円 21,200円 22,630円
身体障害1、2級
知的障害1、2級
障害年金2級相当 17,530円 16,310円 15,090円
身体障害3級
知的障害3級

 

上記の第一類、第二類、加算額の3種類の合計金額により最低生活費が決まります。

 

住宅扶助費

住宅扶助費とは家賃に充当される費用のことです。

各都道府県や級地区分・世帯人数によって上限が変わってきます。

住宅扶助の基準額を確認する

 

まとめ

生活扶助費+住宅扶助費が月々支給される金額となります。

級地区分や生活扶助費、住宅扶助費により大きく変わってきますので、ご自身でもしっかりと把握しておきましょう。

少しわかり辛くなってますので、不明な点はお住まいの福祉事務所などにご相談ください。

この記事のカテゴリ

  • 賃貸のお役立ち
  • この記事のタグ

  • 生活保護費の支給額(受給額)は1ヶ月いくらの金額がもらえるのか?

    賃貸の教科書は、はじめての一人暮らしの方にもわかりやすく賃貸の知識や引越しのコツ、節約術やインテリアなどをご紹介するサイトです。

    © 賃貸の教科書 All Rights Reserved.

    MENU

    CLOSE